イイ家は、人との絆でできている
イイな家とは?




広がるメッセージ!特集

FP:奥田 和彦氏

ファイナンシャルプランナーに聞く

『ライフプランって何? 夢のマイホームは購入したけど、住宅ローンの支払いが少し不安…。』こんなお悩みをお持ちではないですか?
ファイナンシャルプランナーは、そんなお客様の『良きアドバイザー』として将来を見据えた人生設計をコンサルタントいたします。


奥田 和彦  (三井住友海上きらめき生命保険株式会社)
*
札幌市北区北7条西1丁目1-2 SE山京ビル10F
tel : 011-738-6321  fax : 011-707-6301

生活設計 お客様の生活設計をお手伝いします
ライフプランという言葉を、皆様はご存知でしょうか。「生活設計」と表現するとわかりやすいかと思います。

まず、現在の家計を把握し、将来予定しているイベントや教育費、旅行・車など、実現したい夢などを考えます。 それらの収支のバランスを確認し、もしそこに問題点があれば修正して、無理のないプランをご提案します。

将来の資金計画における不安は、誰にでもある部分です。ご自身では気が付かないリスクが潜んでいる場合もあります。その問題点を早期発見・解決に導くアドバイスをするのがライフプランの目的です。

ライフプランは幸せの設計図
お客様 家を建てるときには設計図が必要ですが、ライフプランにも同じことが言えます。 私たちが幸せな人生を送り夢を実現させるためには、この設計図が重要なものになります。

注文住宅を立てるときを考えてみてください。建築しながら間取りを考えたり材料をその都度仕入れたりする方はあまり居ませんよね。 もしそんなことをすれば、完成がいつになるのか、コストがいくらかかるのかわからなくなります。

設計図は通常、自分たちの希望と、業者さんのアドバイスによって夢を膨らませ、はじめてできあがるものです。 ライフプランも、よく似たスタイルで作っていきます。

打合せの様子
近年問題視されている、年金等の社会保障の不安や、雇用・退職金制度の変化で将来が見えにくくなってきています。 バブル崩壊前の日本経済であれば、終身雇用であったり、高度成長であったり、約束された退職金・年金があたり前でした。この頃であれば特別な計画を立てなくてもなんとかなったのでしょうが、近年ではかなり状況が変わってきています。



黒板 まさに、自分の身は自分で守る「自己責任の時代」になりました。「自己責任の時代」を乗り切る前提としてライフプランが必要かと思います。
そのお手伝いをするのが私の仕事です。

HOMEに戻る