イイ家は、人との絆でできている
イイな家とは?




ペットと快適住まい 住まいのアドバイザTOPページへ


寒がりペットも快適&冬の節約術! 【11月07日UP】


初めまして、こんにちは。 いよいよカレンダーも残り2枚。2006年のラストスパートですね。
冬本番を目前にしてどうなるか心配なのが、灯油ですよね。
ニュースなどでは、価格が昨年の二割高、1シーズン平均約3万円の増額になるとの事。たいへんだー!!

北海道人としては、広ーい間取りのリビングに光がサンサンと入り、ストーブも赤々と燃え(今は赤々には見えないよね!)半そでの薄着で、おいしい牛乳から作られたアイスクリームを食べる。これが最高に気持ちいいですよね。
でも 今年は少し頭を入れ替えないと大変です。。。。

このサイトをごらんの皆様は、マイホームやステキなリフォームを考え中の方も多いと思います。きっとその先には、ペットの姿もあるでしょう。イマドキだから、すでに家族の一員になっている方もいっぱい居るでしょうね。
私はペットショップの仕事をして、かれこれ約30年になります。そこで、今時期のワンニャンチェックポイントをあげてみたいと思います。

最近の小型犬などは、案外寒がりの子が多いようです。ストーブの前にドカッと陣とり、毛をなびかせておしりをあぶっているとか、フローリングに直接すわるのがイヤで、マットなどがないとおすわりしない。又、雪の日、散歩に行っても足がつめたくて、片足づつ上にあげてストップモーション。なーんて話、よくお客さんから聞きますヨ。

ペットのために、夜中も部屋をあたたかめにしていると思いますが、ほんのちょっとの灯油節約術をご紹介します。

私がご案内します!

ペットサロンオーナー
橋田つぐみ

ペットサロン マロー 琴似店
札幌市西区琴似1条2丁目
011-612-2411
ホームページはこちら


提案その1・ペットヒーターを使おう!

ペットヒーターはサーモスタットがついているので、ワンニャンの快適温度になっています。
リバーシブルで高め、低めの温度設定ができたり、材質も、よごれがかんたんにふけたり、丸洗いOKのもあるようです。又、コードも、かじっても切れたり、あんぜんのために一部ハードカバーがついているのが良いでしょう。
コードだけ簡単に交換できるのもあるようです。
その上に、布製でカバーがあるとワンニャンちゃんも気持ちがいいと思います。

1つ気をつけなければいけないのが、サークルの中にペットを入れる場合は、床全面の大きさのペットヒーターはNG!ペットがあついなと感じた時の逃げ場所を作ってあげましょう。


提案その2・ペットヒーター+ベッド

ベッドとは、ウレタンで作られている、カゴやかまくら型のやわらかなハウスです。 だいたいの物には穴が1コ空いているので、中にペットヒーターを入れ、その穴からコードを出して使用します。
かまくら型は、中に温度がこもるので、よりあたたかでしょう。
ベッドのようなグッズはワンニャン達も大好きです。 ふちの所にアゴをのせてうつらうつらしたり、前足をのせたりとってもかわいらしいですヨ。

参考にメーカーによってもちがいますが、だいたいのサイズと、1時間あたりの消費電力を載せてみます。
S 27cm×33cm M 30cm×40cm
消費電力:0.4円/1時間 消費電力:0.6円/1時間
L 40cm×50cm LL 60cm×80cm
消費電力:1.0円/1時間
 
金額は約500円〜15,000円ほどになっています。

10月〜11月は毛変わりの時期になりますね。 抜け毛は早めにブラッシングでとってあげましょう。
冬は毛玉の季節、要注意!!!

次回は毛のお手入れについてお話ししてみたいと思います。

  • ペットと快適住まいTOPページ

HOMEに戻る