イイ家は、人との絆でできている
イイな家とは?

その他コンテンツ



設計事務所で住まいづくり 住まいのアドバイザTOPページへ

空間構成 【01月09日UP】


年に数件の個人住宅の設計の依頼を請けますが、居間は○帖以上、○帖の和室、台所はアイランド型で、寝室は洋室○帖…と言った切り口での相談を受けることがあります。

初めての顔合せのときは、ご依頼の施主様も同様でしょうが、どの様な切り口でこられるのか、当方も想いをめぐらすものです。

Vol.1でおつたえした30代後半のご夫婦と男の子2人のあるご家族のケースですが、夫婦寝室以外は全てオープンで、私ども設計者に提案して欲しいとのことでした。
そこで、スケッチなどを介して打合せを重ねていただきました。
このご家族の為の住まい空間の構成上、特に印象に残ったお話を思いかえしてみます。

私がご案内します!

一級建築士
餌取 昭則

(有)都住研 設計室
札幌市北区新川西3条5丁目
011-763-1017




*家族みんな、お母さんの家庭料理が大好きで、年々減ってくるのでしょうが、全員揃っての食事が一番の楽しみであること、家にいるときのお父さんも単身赴任で鍛えた料理の腕前を披露してくれるそう。
また、お母さんは子供たちの自立のために料理の基本は教えておきたいと思っていて、この時お住まいのキッチンには不満がいっぱい。
春、秋には家族ぐるみで交際のお友達との、食事会(バーベキューとか)を愉しみにしていること。

*両親にとって子供たちの成長は自分たちの生きがいではあるが、子供たちには早く独立・自立してほしいと考えている。子供たちともよく話し合っていて、本人たちも自覚しているとのことだった。そこで、子供たちのスペースはフレキシブルな構成で、将来はかたちを変えた夫婦の生きがい(趣味の間/母:パッチワーク、ペイントアートの工房・父:雪見障子・囲炉裏・書棚のある隠れ処的空間)のスペースへと進化させ、終の住処と出きればと…。
そこで、この住宅の10年後の姿も提案させていただく旨をおつたえしました。


敷地に何度もかよい、ご家族との話し合いをできる限り 多く重ね、私どもと家族との距離が縮まって行くにつれてエスキース(スケッチをもとにした全体の構図制作など)も進み、この家族のための住まいの空間構成が、炙り絵のように浮かび挙がって来たのでした。


バックナンバー

HOMEに戻る